ワーキングマザーの生活

夏休みの学童はどんな生活をしているの?子供は寂しいと思ってる?

夏休みも学童は毎日子供を預かってくれて、ワーキングマザーにとってはありがたい場所ですね。

ただ、子供が毎日学童に通っていることをどう思っているんだろう?

本当はもっと家でのんびりと、夏しかできない思い出を作ってあげたいけれど、仕事は休めないし、どうしても申し訳ないなぁという気持ちになりますね。

 

スポンサードリンク

夏休みの学童は規則正しい生活で、夏しかできない遊びもあり楽しんでいる!

学童は朝8時からスタートしています。うちは小学校1年生なので単独で通うことができないので、夫が自転車で毎日学童まで送ってから出勤しています。

毎朝、8時ちょっと前に出勤前のパパやママが自転車を飛ばして行き交います。

 

今はワーキングマザーもだいぶ増えました。また、夏休みの期間だけ学童に子供を預ける人もいるので学童は大賑わいです。

 

うちの小学校はお弁当と仕出し弁当の注文を選ぶことができます。

夏休みの憂鬱なお弁当つくりがないだけでもとってもありがたいことですね。

 

夏休みの期間中も学校ではプールを開放しています。

その期間はプールの準備をしていけば学童の方が子供たちをプールまで送迎してくれます。

うちの子はプールが大好きなので、学校のプールに入れることを楽しみにしていました。

 

それ以外でも学校でのイベントは学童からいけるので、夏だけのイベントに参加することができました。

 

また、いつも同じ遊びをするだけではなくて、いろんな工作をしたり、近所にお出かけしたりと、学童でも子供たちが飽きないように、いろんな工夫をしてくれているんだなと思いました。

 

おかげで、夏休み中に風邪をひいてお休みしたときには、学童行きたかったな・・・と言っていたので、びっくりしながらも、学童が楽しいと思って通っていることがわかってホッとしました。

 

 

スポンサードリンク

学童で夏休みの宿題もすぐ終わってきた!みんなのおかげでやる気もアップ!

小学生になり、はじめての夏休みの宿題が配られました。

まだ1年生なので宿題のテキストも薄いのですが、夏休みに入ってすぐに終わらせてきました。

学童では、毎日勉強の時間があります。

そのときには、本屋さんで売っているテキストを買ってあげるようにしていますが、まずはその時間にできるだけ夏休みの宿題をやるように持っていきました。

まわりのお友達もみんな同じことを考えるので、みんなで一緒に宿題のテキストをやってくるので、あっという間にテキストが終わりました。

きっと、1人だったら、ダラダラと終わらないのかもしれないけれど、まわりのペースにあわせて、がんばって勉強しているんですね。

 

小学生になると、1人で遊ぶより、同じくらいの年齢のお友達と一緒に遊ぶほうが楽しい年齢になります。

 

働いていると、せっかくの夏休みも学童にいかせていると、どうしても罪悪感があります。

でも、毎日家に子供がいる家庭でも毎日外遊びに連れて行ったり、同じ時間に規則正しく生活することは、なかなか難しいし、一緒にいる時間が長いと子育てって本当に大変だと思います。

 

どちらが正しいということはなくて、子供にとって楽しい生活ができるように、声かけをするだけでも変わってきますね。

 

毎日がんばって学童にいってくれてありがとう!!と子供には感謝を伝えています。

あなたが、学童に楽しんでいってくれるおかげで、ママは仕事を頑張れるよ。というと、嬉しそうにしています。

 

家族の一員として認められていると感じているのではないでしょうか。

 

夏の思い出も、花火大会や帰省で思いっきり遊んだこともきっと彼の中ではたくさんの思い出になっていると思います。

 

夏休みも学童の生活を楽しんでくれる子供に感謝ですね、一緒にいれない罪悪感でごめんね。と言う必要はないですね。

 

自分の子供を信じて、がんばっていきましょう!