不動産投資

不動産投資は副業におすすめ、投資より事業として継続する!!

不動産投資は副業として、忙しいワーキングマザーにもおすすめです。

わたし自身が、子育てと仕事と不動産投資を平行してやっていますが、不動産投資は物件を買って終わりじゃないです。むしろ、買ってからきちんと再生させて満室にしてからが始まりです。そういう意味では、不動産投資は投資というより事業として取り組んだほうがいいと思います。

 

スポンサードリンク

不動産投資は副業でも労働収入ではなくて事業収入になる、経営者として事業に向き合おう。

不動産投資をして賃貸経営が始まると、毎月決まったお金が振り込まれて不労所得になります。

でも、物件を買うまでと、買って賃貸契約が終わるまでには、いろいろとやらないといけないことがたくさんあります。

 

まず、自分がほしい物件を決めることから始まります。

 

どんな物件を買うのかは、いまの貯金額、年収、旦那さんや奥さんの連帯保証人になってもらえるかどうか。地方にするか都心にするか。

その人によって価値観が違うので、なにが正解というものはありません。

物件も土地も世の中に1つだけのもので、同じものはないのでどんな物件に出会うかは運とご縁しだいだと思います。

 

わたしの場合は、

  • 都心に電車で30~40分以内にいけるベットタウンと呼ばれるエリアで、自宅から車で30分くらいで行ける場所
  • 北海道札幌市やその近郊の賃貸需要のあるエリア

この2つがわたしの不動産投資の基本の考え方です。

 

不動産投資を始める場合は、最初は買うエリアは自分の知っている土地勘のあるエリアがいいと思います。

やっぱり、その駅や街の独特のニーズが肌でわかるほうが安心です。

同じ駅でも、スーパーがどこにあるのか?学校の学区はどうなのか?

そういうことも買う前には調べたほうがいいですね。

 

自分の買いたいエリアと物件の種類が決まったら、毎日時間をつくってネットで検索をします。

ある程度エリアを絞ると、検索するエリアの物件も相場と件数もわかってくるので、少し割安の物件があれば、どんどんネットから物件の資料請求をしてみましょう。

そこで、詳細の資料を見て、やっぱりその物件は買わない場合でも、業者さんによっては、どんな物件をお探しですか?と聞いてくることが多いです。

 

そのときに、

  • どのエリアなのか。
  • そんな物件で築年数はどのくらいまで大丈夫なのか。
  • いくらくらいの物件で、どのくらいの利回りを探しているのか。

それを見たら、業者さんは自分が知る範囲の情報をくれることがあります。

何度か繰りかえし連絡をしたり、実際に不動産屋さんに行ってみたりと業者とのつながりを持つようにしましょう。

 

わたしが買った物件も、ネットの情報からそのエリアの物件情報をたくさん持っている不動産屋さんが、こんな物件もありますよ。と教えてくれた情報の中の1つでした。

 

そうやって、地道に活動して、ぜひ運命の物件にめぐり合えるようにがんばって行動していきましょう。

 

そして、ようやく自分の理想の物件が買えたら、ここから本当の経営の始まりです。

 

スポンサードリンク

不動産投資は買ってからが本番!どうやって修繕するのか、どうやって客付けするのかを経験しよう。

 

不動産投資は物件を買うまでがとても時間がかかります。

やっと買えて安心してはいけません。

もし、買った物件が空室で買った場合は、できるだけはやく賃貸できる状態にしないとお金が入ってきません。

 

もしずっと空室で修繕が必要な物件を買った場合には、ネットや知り合いの紹介など、できるだけ安く、きちんと納期を守って工事ができる業者さんを探しましょう。

できれば、1社だけではなくて、合い見積もりといって、複数の業者さんから見積もりをお願いすると、どこが安いのか、どこが丁寧な対応してくれるのか。を知ることができます。

その中から信頼できてながく付き合えるような業者さんを見つけましょう。

 

修繕が終われば、次は賃貸を決めてくれる管理会社さんを探します。

 

一番良いのは、その物件の最寄りの駅の近くにある管理会社に電話をかけて、住所と物件名を伝えて、これから募集と管理をお願いする会社を探しています。

 

そちらに管理をお願いするとしたら、管理料はいくらでしょか?

また、この物件はどのくらいの家賃設定が妥当でしょうか?

 

そうやって、こちらも数社問い合わせを入れてから面談にいきます。

そのときの対応、管理料はどのくらいなのか。

それと、大家さんにとって肝心な客付けは強いかどうかです。

 

この時代は、ネットで検索をしてから内見にくるので、ネットでの募集に力を入れているところ。

大手で自分のところ意外の支店からの紹介もやってくれるところ。

他の管理会社にも積極的に紹介をお願いする姿勢があるかどうか。

 

そんなところを質問しながら、最終的に管理をお願いする会社を決めましょう。

 

そして、やっと賃貸契約を結ぶことができると、不動産投資はあとは、お金が入金されるのを確認するだけの日々になります。

 

こうやってやることを書いてみると、やっぱり不動産投資は株式投資やFXのような投資の1つというよりは、経営者として事業をする副業というイメージのほうがぴったりだと思います。

 

そこからが、大家さんとしての本当のスタートになります。

そこからは、同じことの繰り返しになるので、どんどん経験を積んでいけます。

 

最初の1歩がいちばん大変ですが、これを経験すると忙しいワーキングマザーでも副業が可能になります。

最初をがんばって行動していきましょう!

 

不動産投資は経験のある人に話しを聞くのが、一番の近道だと思っています。

わたしへの質問はお気軽のお問い合わせくださいね。