不動産投資

不動産投資はリスクなく、戸建投資の現金決済は簡単であっという間です。

不動産投資でリスクが低い戸建投資ですが、今回は3つ目の戸建ての決済が明日あります。

今まで決済の経験がありますが、今回は銀行のローンを使わず現金で決済するだけなので、本当に簡単にサクッと決済が終わります。

 

スポンサードリンク

不動産投資で戸建投資は手続きも簡単であっという間に終わります。

 

先月、以前戸建ての物件詳細をお願いした不動産屋さんとのやりとりをしていて、自分が探しているには、

  • どの沿線のどの駅からどの駅まで
  • 築年数はどのくらい
  • 駅からどのくらいまで離れていてもOKなのか。(離れていたら駐車場は必須!)

ということを必ず不動産屋さんに伝えるようにしています。

もし、戸建てを多くあつかっている業者さんであれば、問い合わせした物件と似たような物件を同じエリアで持っている可能性が高いからです。

 

沿線で強い不動産屋さんとつながることは今後不動産投資をする上でも大切なことなので、もし業者さんに問い合わせしたら、その物件がダメでも何回かやりとりをしてみましょう。

 

不動産屋さんには同じ物件に、日に何件も問い合わせが来ます。

その中で、この人は真剣に探している人なんだという印象をつけることができます。

 

ある業者さんから定期的にわたしが探しているエリアの戸建ての情報が送られてくるようになりました。

 

その中で、気になる物件は車でいける範囲にあるものは、なるべく現地にいって物件を確認するようにしています。

最初は外観だけですが、それでも、

  • 駅はどんなところか
  • 物件のある場所はお店とかあって人が住んでいるところか
  • 築年数から見てきちんと管理されているか
  • 道路付けや周辺の家はどんなかんじか

 

そういうことは、自分が物件のまわりを見て歩かないとネットの情報だけではわからないことがあります。

 

いくつか見たうちの1つが、今回の物件ですがまず業者さんに物件の中を見たいと伝えます。

 

物件の内見をするのは、ネットでチェックして、買う価値があるか計算をして、周辺はきちんと賃貸需要がありそうか見て、それから最後に業者さんと同行してもらって内見します。

 

それが確認できて、これなら修繕を入れて計算しても買う価値があるか最終的に判断します。

 

基本的には、販売価格より安くしてもらう指値を入れて買うことが多いですが、指値をする場合は、必ず現地を担当の人と一緒に見ながら、その時に、担当の人から、どのくらいまで指値ができるのか相談しながらするといいと思います。

 

以前、いくらで買い付けを入れた人がいたけど、売主がOKを出さなかった!と聞いたら、それよりは高い金額で買い付けを入れないと相手にされないことが多いです。

 

そういう意味でも、不動産屋の担当の人を味方につけるように、いろいろ聞き出すといいと思います。

 

かなり大きな指値を入れたので、業者さんからも、

「がんばって交渉してきます。あまり期待しないで待っていてください。」といわれました。

 

でも、売主さんがご高齢のおばあちゃんで、老人ホームに入るのでなるべくはやく売りたかった。という事情があったので、次の日には売主さんからOKが出ました。

 

これは本当にラッキーでした。

でも、この物件を買う前に、今年になってから4本買い付けを入れていますが、なかなか交渉がうまくいかず。

 

自分で決めた金額で交渉が成立しなかったら、気分を変えて、縁がなかったと思って次の物件を探しましょう。

 

買い付けを入れた次の週には契約がありました。

現金決済なので、手続きは淡々と簡単に終わります。

 

スポンサードリンク

不動産投資は現金で決済する人が一番有利です。買い付けの順番も変わります!

わたしもこれがほしい!という物件に買い付けを入れることがありますが、本当に価値のある物件は瞬殺で売れていきます。

 

都内の割安で良い物件は情報が入ってきたら、すぐに買いつけを入れないと、現地を見てから。なんて言っていたら遅すぎて買いつけも終了しています。

 

基本的には、買い付けを入れた順番で売主との交渉ができるようになります。

買い付け1番だった人が交渉をして、買えない場合は次の2番手の人に、それがダメだったら3番手に。

というのが基本ですが、実際にこの業界はなんでもアリのところがあるので、わたしもせっかく買いつけが1番手だったのに、そのあと現金ですぐに決済できる人に横から取られたことも結構あります。

 

銀行のローンを使う場合は、銀行の審査に時間がかかり、その結果ローンの審査に落ちてしまうと、また最初からやりなおしになるので時間がかかります。

それより、すぐに契約、決済できる現金決済の買主が出てくると、やっぱりそっちに売りたくなる気持ちはわかります。

 

そういう意味では不動産屋さんにとっても現金決済ができる人はありがたいのです。

 

今回も、買い付けを入れるときに、

「現金で買います、すぐに用意して契約、決済の準備ができます!」とお伝えしました。

 

あとは、決済をするときにも、銀行ローンを組むときは、決済に銀行の担当者も一緒に同席する必要があって、その手続きもかなり手間がかかります。

 

いろんな契約書に何度も何度も署名をします。

それに比べて、現金決済の場合は、住民票と印鑑と免許証だけあれば済みます。

 

やっぱり現金決済は手間がかからずいいですね。

ということで明日は夕方仕事帰りに不動産屋さんで決済と引渡しです。

 

これから、修繕の見積もりやリフォームの計画を立てていきます。

戸建投資はこの修繕をどうするか?で最終的な金額もかわるので、ここが一番大切なところですね。

 

この物件の再生は、ブログでもお伝えしていこうと思います。

 

なにか質問があれば、いつでもお気軽にお問い合わせください。