ワーキングマザーの生活

ワーキングマザーの時間管理のコツは早朝にあり!朝の楽しみを!

ワーキングマザーの時間管理はとても大変です。

自分だけでも仕事と子供の学校行事や面談もあり、それ以外に、子供の習い事や病院の予定。

それに夫の出張や予定も把握している必要があります。

 

とくに、子供がいると、朝から晩まで、結局ずっと動きまわってバタバタしてしまい、なかなか時間をうまく作れない・・・と悩む女性も多いですよね。

 

スポンサードリンク

ワーキングマザーの時間管理のキモは早朝の1人時間にあり!

 

子育て中のママは夜の寝かしつけが毎日の日課ですね。

小学1年生の息子もやっぱり、夜は家族と一緒に布団に入るのを楽しみにしているので、まだまだ1人では寝てくれません。

 

復職してから、子供の寝かしつけをして、それから夜中に洗濯をしたり、残った家事をしたりもしてみましたが、疲れている日はやっぱり寝かしつけして、そのまま朝まで寝てしまって後悔したり。

夜中に家事をすると、そのまま寝つきが悪かったり。結局疲れが取れないまま朝を迎える日が多かったです。

 

このままの疲労を残して過ごすのは体に良くないと思って、おもいきって、子供と一緒に9時過ぎに寝て、朝4時に起きることにしました。

 

もちろん、家族はまだ起きていません。

最初は早朝に起きることがつらかったけど、慣れると家族がいない静かな空間で1人の時間を楽しめるし、朝は脳もリセットされているのでスッキリしています。

 

やりたかったことが、どんどん進んでいきます。

朝の集中した1時間は、夜中に眠い目をこすりながら過ごす数時間よりはるかに効率がよかったです。

 

スポンサードリンク

早朝起きるためには、まず自分をもてなすことをする!お気に入りのティーカップで、一口大のとっておきのお菓子を添えて。

 

朝一番にはワクワクすることをやりましょう。

 

水周りの掃除をピカピカにするとか、読みたかった本の世界にどっぷりつかるとか。

朝起きてワクワクするようなことを1日のはじめに入れると、その日が一日中実した時間になります。

 

なので、朝時間にはなにか自分へのご褒美になるような、テンションが上がるなにかを自分にプレゼントするようにしましょう。

そうすると、夜寝る前にも、気分よく寝られて、朝もスッキリと起きることができます。

 

人は3週間続けられると習慣になると言われているので、ぜひ、まずは3週間、早朝の自分だけの時間を確保してみましょう。

驚くほど時間を効率的に使えるようになりますよ。

 

とくに、家事は5分で区切って、ルーチンにすると、毎日パッと掃除ができて、いつでも部屋が綺麗になります。

 

・リビングの床みがき

・キッチンの掃除

・トイレの掃除

・子供部屋エリアの掃除

・玄関をピカピカに掃除

 

一度でやりきろうと思うと気が重いけれど、毎朝5分だけ集中してやると、ストレスもなくて習慣になります。

 

朝の5分掃除はとってもおすすめなので、ぜひやってみてくださいね。