<感想>沖縄の安いホテル(民泊)にBooking.comがおすすめ!

沖縄に安く家族で泊まれるホテルはあるか?をいろいろネットで検索して調べました。

1年で一番ツアーが高い夏のシーズンに、普通に予約をすると1人10万くらい軽くかかってしまう旅行代をいかに安く、しかも充実した旅行ができるか?を考えてみました。

 

スポンサードリンク

沖縄の夏のホテルは高い!ツアーは高すぎてあきらめました。1泊目を沖縄で安く泊まれるホテル(民泊)に予約しました。

 

2年前の11月にまだ子供が未就学児で小さかったので、ツアーが安い時期に沖縄に行きました。

台風の心配もなく、まだ海で遊べるくらいの気候だったので1人5万以内でリゾートホテルに泊まったことをおぼえていると、子供が小学生になり、夏休みの旅行のトップシーズンにツアーを申し込もうと思うと、1人10万円くらいかかってしまうので、家族全員で考えると、旅行代もびっくりする金額になります。

 

でも、夏休みで沖縄にいくことを楽しみにしている息子のためにも、どうしても沖縄にいくために、どうしたら安く、しかも楽しい旅行ができるか?を考えました。

 

飛行機のチケットは、LCCのバニラエアでANAやJALの半額程度でチケットを手に入れることができました。

 

次はホテルの予約です。

ツアーが高い繁忙期では、絶対に個人でそれぞれ手配したほうが安くなります。

逆に、人がそんなに動かない平日やシーズンオフの時期は、いくらでも安いツアーを探すことができますね。

 

今回は、7月の後半に出発する日程を先に決めて、安く泊まれる方法を調べました。

とくに、今回は沖縄に到着する1日目は夕方に到着するので、那覇でそのまま夕飯を食べてホテルで泊まるだけになります。

 

泊まるだけで、ホテルでゆっくりすることもないなら、今話題の民泊でもいいかなと思いました。

 

民泊とは、普通のマンションの1室を旅行者が宿泊できるように、家具や食器などをすべて準備していて、当日はかぎの引渡しを受けて、自分たちでその物件まで行くことになります。

 

わたしは不動産投資をしているので、大家さんで、自分の物件の一部を民泊で使っている人も知っているので、機会があったら民泊にいってみたいとずっと考えていたので、これは良い機会だと思って那覇から近い場所を探しました。

 

私が予約したのは、Booking.comというホテルの検索サイトでした。

 

 

一番検索しやすくて、分かりやすかったです。

 

夕飯は国際通りや、その近辺の沖縄料理のお店にしようと思っていたので、ゆいレールの駅から近いホテルを探しました。

 

スポンサードリンク

実際に泊まってみてどうなのか?ファミリーには自由がきいてオススメです!

実際に宿泊したのは、ゆいレールの真里駅から徒歩5分くらいの、

「ホリディホーム つぼ家5」というホテル(民泊)でした。

数日前に、チェックインの時間の確認メールがきて、そのあと、カギの受け渡しの方法が書いたメールが届きました。

 

実際に行ってみると、そこは古いマンションの1室でした。

たぶん、築年数はかなり古く、普通に賃貸で募集しても、なかなか難しかったり家賃が安くなっている物件なんだろうなと思います。

 

ただ、立地は国際通りからすぐで、駅からも近いので旅行者にはアクセスがいいです。

中の家具のレイアウトも家族にぴったりのキッチンがあって、ベットも綺麗で、しかもソファーベットもあるので、大人数でも全然問題なく過ごせると思います。

 

夏休みのトップシーズンで、大人3人、小学1年生1人で1泊14000円だったので、1人3500円になります。

 

民宿や安いホテルでも、この時期は1万前後するので、到着した日は夕方だし、どうせ国際通りで夕飯を食べて寝るだけだったら、民泊で家族でプライベートな空間で過ごせるのでオススメです。