ワーキングマザーの生活

女性の平均年収は280万円!男性との格差のカラクリは非正規雇用です

女性の平均年収は280万円という衝撃の結果が出ました。

これは、国税庁の調査でわかったことですが、

まず男性の平均年収が、521万円ということなので、その差はなんと、2倍近くとなっています。

フルタイムで働いていたら、拘束時間は変わらないのに、なぜ調査結果ではこんなにも差がついているのでしょうか?

スポンサードリンク

 

女性の平均年収は格差が大きい!年収が低いのは扶養の範囲内で働く女性が多いから。

女性の平均年収を計算すると280万円という結果になりますが、その中には正社員と働く女性と、パートや非正規雇用で働く女性の間の格差が大きいことがわかります。

 

正社員で働く女性の平均年収が、373万円に対して、非正規雇用で働く女性の平均

年収は148万円という結果になります。

 

これは、パートで働く女性の多くは、旦那さんの扶養の範囲で働くという意志が最初からあることが大きいと思います。

 

女性の人生には、いくつかの転機となるタイミングがありますね。

まずは、結婚。

結婚するときに、遠距離で付き合っていた彼と結婚する、彼と一緒に海外赴任についていく。

など、今までの環境を変える女性もたくさんいます。

 

また、女性が働き方を変える大きなタイミングになる出産・子育て期をどうやって働くのか。

これは、ワーキングマザーの大きな悩みです。

 

わたし自身も、子供を預けて保育園に通っているときには、

「ママ、いかないで!一緒にいてほしい!!」

と泣いて離れない子供を毎朝預けて出勤するときに、どうして自分はわが子を他人に預けてまで働いているんだろう・・・

 

そう悩んでいたので、出産を機に、仕事を辞める女性の気持ちがよくわかります。

そして、一度会社を辞めてしまうと、再就職が難しいこともまわりのママを見ていると実感します。

 

子育て中のママは、子供がいつ病気になるか分からないし、小学校にあがると、役員や保護者会などの行事で仕事を休むこともしばしば。

 

そんな中で正社員として採用してくれる会社は少ないのが現状です。

 

それから女性がパートで働く場合は、旦那さんが会社員の場合は、扶養の範囲内で働く場合は収入があっても、年金や健康保険を払わなくて済む。ということが大きいですね。

 

年金と健康保険を自分で払おうと思うと、年間で大体30~40万円以上は税金や社会保険を負担することになります。

それだったら、年収100万円以内で働けば、扶養内なので税金を払う必要がなくなります。

このように、旦那さんの扶養に入っていると、メリットが大きいですが、自分で社会保険に入っていると、病気で働けなくなったときでも手当金が出るのでしばらく生活ができることや、年金は社会保険に入っていると、その分だけ基礎年金のほかに将来の年金の額が増えるので、負担ばかりではないメリットもあります。

スポンサードリンク

 

今後は在宅ワークが進んで誰でも社会進出ができる世の中になってくる。自分の得意なことを明確にしよう。

 

最近はクラウドワークスランサーズというサイトで、在宅で仕事をしたい人と、仕事を外注したい人を繋げるサービスも増えています。

 

また、週5で出勤しなくても在宅ワークもきちんと勤務時間として計算してくれる柔軟性のある会社も増えてきました。

 

まだまだ、子育て中のママで専門的なスキルを持っている人はたくさんいます。

子育てと仕事を両立しやすい社会をつくることが本当に大切だと思います。

 

もし、稼ぐ環境があるのであれば、旦那さんの扶養の範囲内で。と制限することもなく、自由に働いて将来の豊かな老後のためにも今できるうちに全力で働いて資産をつくることも大切です。

 

必ずしも年収が高い人が資産をもっているわけではありませんが、収入が増えれば、それだけ投資にまわすお金も増えるし、資産が増えれば投資できる方法も増えます。

 

まずは手元に資金をつくらないと投資をしたくてもすることができません。

まずは、少額でも投資をはじめることで将来の豊かな老後を手にいれる行動を始めてみましょう。