ワーキングマザーの生活

三戸政和さんの出版セミナーに参加しました。個人M&Aとは?

三戸政和さんの「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」という本を読みました。

本の帯には、堀江さんが「終身雇用は現代の奴隷制度」という衝撃的なタイトルがついています。

わたしは、コツコツ積立投資と不動産投資、そして副業で個人事業主専門の経理代行で起業をしています。

将来の豊かな老後のために今できることをやる!と決めているので、なにがよくてなにが良くないというのは調べて、自分で動いてみないとわからないこともあるので、投資全般の勉強は常にアンテナをはっています。

今わたしが気になっているのが事業投資で、それで手にとった本ですが、タイミングよくその週に三戸政和さんが八重洲のブックセンターでセミナーをするということで参加してきました。

スポンサードリンク

 

三戸政和さんの「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」はM&Aの仕組み分かりやすく書いています。読者の年齢層は男性の40代が多い!

 

三戸政和さんの「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」をたまたま手にとったのですが、人生100年時代の個人M&A入門ということで、会社を買収するとはどういうことかを詳しく書いています。

 

三戸政和さんは、現在、株式会社日本創生投資の代表取締役CEOで、

まずソフトバンク・インベストメントでベンチャーキャピタリストとして働いたあと、2011年に兵庫県議会議員に当選して政治家として活動したあとに、株式会社日本創生投資を立ち上げています。

 

そして、セミナーで実物の三戸政和さんは、イケメンで背が高く、スタイルが良くて、でも関西弁で難しい話も面白く、あっという間のセミナーでした。

 

もう、イケメンというだけで、なんとなく得した気分でしたが、やはりリアルで会うと、本で読んでいるのとちがって、言葉やオーラなど五感が刺激されました。

 

わたしは出版記念セミナーや成功している人にリアルで会えるチャンスがあったら、なるべく都合をつけて会いにいくようにしています。

 

やはり、リアルでその人のオーラを感じることは本を読むより何倍も吸収できるものが違います。

 

投資仲間の女友達とちょっとはやめに会場についたので、一番前の席に座りました。

結構人が多かったですが、大体が40代から50代のサラリーマンの男性でした。

 

本のタイトルが会社を買う、M&Aというキーワードが入っているので、今は会社員としてある程度の役職にあるけれど、いつか自分で会社の社長をやってみたい!と考えているサラリーマンが多いのでしょうね。

スポンサードリンク

本当に300万円で会社が買えるの?個人M&Aは今後10年が勝負!日本の後継者問題は深刻です。

 

痛くない注射針で有名な岡野工業の岡野さんは、業績が黒字だけれど後継者がいないため廃業するというのがニュースになりました。

 

M&Aと聞くと、業績が悪化した会社が買収されるイメージがありますが、水戸さんが推奨するM&Aはちょっと考え方がちがいます。

 

日本の中小企業の社長さんの平均年齢は59歳で、もう体力の限界で辞めたいけれど後継者がいなくて仕方なく会社をたたむ会社が地方を含めて日本では深刻な問題になっています。

 

そんな中で、自分の得意な分野や今までサラリーマンとしての経験のある分野の会社を買い取って経営しましょう。というのが三戸さんがすすめるM&Aです。

 

なので、業績が悪くて売り出される会社とは限りません。

また、タイムマシーン経営といって、東京での経営のやり方を地方の小さな会社でやるだけで仕事の効率化や業績をよくすることができるという話がありました。

 

いきなり会社を買う、と言われるとちょっと自分にはできるのかな?と漠然と不安になりますが、後継者がいなくて困っている会社で、自分の得意な分野や、やってみたい分野の業界であれば、やってやれないことはないかな?という気持ちにもなりました。

 

ただ、その会社に借金がある場合は、その借金を受け継ぐことになるので注意も必要だし、やればやるだけ赤字の会社を買ってはいけません。

 

三戸さんがセミナー中に、

 

「なにもしない」というリスクは大きい。

 

と言っていたのが印象的でした。

サラリーマンは20%~30%を社会保険と税金でとられるので、年収があがっても一向に手取りのお金が増えません。

サラリーマンだけをやっていても豊かな老後を手に入れることは難しいと思います。

 

何もしないことは安全なんじゃなくて、それもリスクなんだということ。

この意見にはわたしも深く賛成しています。

自分で自ら勉強して進んでいく。多少のリスクがないとリターンもない。

自分がどんなリスクを許容できるかを良く考えて、楽しみながら収入を増やす方法を見つけていかないと、一生奴隷のように、会社にいくしか方法がない。ということになります。

 

どんな方法が自分に合うのか?

それもいろんな方法があって、情報を自分からとっていくことから始まります。

 

三戸さんが近いうち、オンラインサロンで実際に個人M&Aを実践していく仲間をつくると言っていたので、気になる方は要チェックです。

 

会社を買う、なんて大きなことはできない!という女性には、まず一番リスクが小さい積立投資からはじめてみましょうね。

 

こんなこといまさら聞けない。そんな悩みがある方はお気軽に問い合わせくださいね。

みんなで一緒に豊かな老後を手に入れましょう!