その他の投資

ひふみ投信でつみたてNISAを検討する。メリットとデメリットは?

ひふみ投信で3年で資産を2倍に増やした方のお話を聞く機会がありました。

ひふみ投信は直販型の投資信託で、昨年藤野社長がガイアの夜明けに出演してから、一気に人気が出ました。

数年前までは、今ほど人気があるわけではなくて、社長のお話を聞くセミナーは運用報告会などがあったそうです。

スポンサードリンク

 

ひふみ投信で資産が2倍に!コツコツ積立とたまに集中的にお金を投下することも大事

 

数年で資産を2倍に!そんな夢のような話が実際にありました。

積立をはじめた時期もよかったのでしょうね。

まず最初はコツコツ毎月1~2万円を積立をしていて、ある時期に数百万を投下したそうです。

結果的には、その投下した数百万が数年で倍になったので、羨ましいですね~

 

ひふみ投資の特徴として、今までは国内の小・中型株に投資をするスタイルでした。

 

コツコツ投資信託の王道は、インデックスファンドといって、手数料が安いかわりに安定した株に投資するためリターンが少ないといわれています。

 

それに対して、インデックスファンドより手数料が高いけれど、より高いリターンを目標にプロが投資をするのがアクティブファンドといわれる投資信託の方法の2種類がありますが、ひふみ投信は、より高いリターンを目標とするアクティブファンドです。

 

ひふみ投信が投資をする株式は、今後成長するだろうと期待する会社に投資をするという理念があるので、投資先の候補となる会社には、実際に社長室や社員が働くオフィスに出向いて、その会社の雰囲気や理念を理解して投資をすると言われています。

 

たとえば、オフィスで働く社員がスリッパをはいている会社は成長しない!と藤野社長は言います。

 

スリッパで仕事をするということは、意識が内向きに働いている証拠だと。

 

その足をつかった投資先の選定がユニークで、藤野社長に人気があるのも理解できますね。

 

ひふみ投信を選ぶメリットとしては、国内の中型の今後成長が見込まれる株式を中心としてアクティブファンドのため、高いリターンが期待できることですね。

 

しかし、ひふみ投信にもデメリットがあって、昨年藤野社長がガイヤの夜明けに出演してから、ひふみ投信へ投資する人の数がいっきに増えて、そのため投資額がどんどん大きくなっています。

 

そうなると、今までの投資方法では進めなくなっていきます。

実際に、今までは国内の株式を中心に投資をしていましたが、今後は先進国(とくにアメリカ)にも投資範囲を広げているそうです。

 

今までの投資実績は今後はあまり参考にならなくなります。

より安定した投資先を選定する可能性もあります。

なので、過去に資産が2倍になった人は、たまたま投資した時期がよかった!というタイミングもあるので、今後投資をする人は、今のひふみ投信の投資方法をよく確認する必要があります。

 

とはいえ、国内の投資信託の会社の中ではとても魅力のある投資信託であることは確かです。

スポンサードリンク

 

コツコツ投資信託は時間を味方にして将来の豊かな老後をつくります。

 

リーマンショックのあたりで投資信託をしている人で「資産が半分に溶けてしまった・・・」という人がとても多かったです。

そういう話をきくと、やっぱり投資は怖い!と思ってしまう人もいるかもしれません。

 

そういう人の投資のやり方として、たとえば、

持っている資産の一部である500万円をアメリカ中心とした先進国の株式に投資をしていたとすると、株価の下落で価値が急激におちてしまうと、500万円だったものが300万円まで価値が下がってしまって解約したくてもできない状態になっている。

 

というケースですね。

 

毎月一定の金額をコツコツ投資する場合のメリットとして、そういう株価の暴落のときでも損することなく時間を味方につけることができます。

 

もし、毎月1万円ずつ20年間投資をするとしたら、

1~5年の株価の平均が1株10000円だとすると、毎月1株ずつ増えていきます。

 

6~10年目に戦争やリーマンショックなどの事件があって、株価が5000円まで下がったら、

毎月1万円の投資で、2株ずつ増えることになります。

 

そして、満期を迎える20年後に最初と同じような株価になっているとしたら、6~10年目までの株価の下落のときに、より多く株が買えたことで、気がつけば資産が大きく増えていた。ということが今までもたくさんありました。

 

もう1つのコツコツ投資信託のメリットは、毎月一定の利益を出していたら、その部分も含めて再投資するので、一括でポンと投資するよりも投資の元本が確実に大きくなります。

 

雪だるまが最初小さな玉だったものが、転がしていくうちに、どんどん大きくなるのと同じです。

 

投資信託は毎月無理のない程度の貯金で、将来の豊かな老後を手にする近道をつくってくれます。

 

ぜひ投資をしたことがない人も、月5000円でもいいので、コツコツ毎月投資信託をしてみてください。

少しずつ資産が増えていくことを実感すると思います。

 

行動にうつした人だけが将来の豊かな老後を手にいれることができますね。

ぜひ、お金の知識を増やしてきましょう。

まだまだ間に合います!

 

少しずつ、投資をするのが当たり前の自分になっていきましょう。