不動産投資

不動産投資は新築物件がいい、完成後の購入を検討するのもアリ!

不動産投資で新築物件を買う場合には、大きく分けると、完成前の土地から仕入れる方法と、完成後の新築物件を買う方法があります。

完成後の新築物件は、契約していた買主がローンの審査に落ちて買えなくなった場合が

多いです。

スポンサードリンク

 

不動産投資で新築物件を買うタイミングは初心者の場合は完成後がおすすめ!

夫婦で共働きをしていると、古い物件を買って自分でDIYをしたりする時間がありません。

そうなると、買ってから手がかかる物件は大変です。

古い物件はどうしても、トラブルや修繕がついてまわります。

最近は融資も厳しくなってきたので新築物件のほうがローンが通りやすいです。

 

ただし、新築物件を買う場合には、2つのタイミングがあって、

1つは、更地を買って、自分で建物を建てるところから考える方法。

これは、間取りや建築の方法を自分で決めることで利回りを高くできる可能性が高いので不動産投資に慣れて、そろそろゼロから自分で納得する物件をつくりたい。という人には向いています。

 

ただし、いろんな物件を見て、どんな物件がこの土地に合うのか。どんな建築方法なら建築費を安くおさえられるのか。などを知っている必要があるので初心者にはハードルが高いですね。

 

また、土地から仕入れて新築物件をつくると、まず土地の決済が先にあるので、ある程度資金があって余裕がないと、また入居していない状態で返済が始まるので大変になります。

 

2つ目の方法は、すでに完成している新築物件を買うことです。

更地から買って建築するのではなく、完成してからの引渡しなので、実際に現地を見てから買うことができます。

 

不動産会社は普通は建築する前に買主を見つけるのが普通ですが、最近は銀行の融資の審査に時間がかかります。

数ヶ月かけて審査をして、やっぱり審査に通らなかったので契約は破談になるということも少なくありません。

 

そのタイミングで買うのが初心者にはオススメです。

スポンサードリンク

 

完成後の物件を買う前にやるべきこと!周辺の新築もしくは築浅物件の賃貸募集をチェック!

すでに完成している新築物件なら、実際に物件の中を確認することができます。

間取り図と実際の部屋を見ながらチェックしたり、部屋につかっている設備のスペックを調べたり。

 

最近の新築物件は分譲と同じような設備のスペックの物件が多くなってきました。

お風呂は広めで、蛇口は安っぽいプラスシックではなくステンレスだったり。

 

換気扇も分譲でつかうような仕様のものがあります。

コンロは2口あったほうがいいし、玄関には収納があったほうがいい。

 

やっぱり完成した物件を実際に確認できると安心です。

都内近郊で、完成後の新築物件が募集されることも多いので、いろんな物件を見てまわることが大切ですね。

 

それと、すでに完成している物件を買うときに大事なことは、最寄りの駅の乗降者数がどのくらいあるのか?

アットホームなどの賃貸物件の情報サイトで、

  • 最寄りの駅
  • 駅からの所要時間
  • 築年数
  • 間取り

それらが似たような物件がどのくらい募集があるのか、いくらで募集されているのか。を調べる必要があります。

 

不動産屋がこのくらいで貸せますよ、という言葉はあくまで理想に近い家賃で言ってくることが多いので、実際に買ってみたら、想定した家賃より下がってしまった。というのはよく聞く話です。

 

なので、買う前には自分で検索したり、実際に駅に近い賃貸募集の会社に問い合わせをして聞いてみるといいと思います。

 

買って後悔してからでは遅いので、買う前にきちんと調べるといいですね。