その他の投資

不動産投資で新築アパートを検索する日々!利回り7%以上は絶対です!

不動産投資で新築アパートをネットで検索する日々が続きました。

北海道の物件が安定して稼動しているので、今のところ不動産投資でやることはまったくありません。

こんなに手間なしでお金が入る方法がほかにはないです。

 

次は新築アパート!と決めて検索しますが、なかなか希望の物件がありませんでした。

スポンサードリンク

 

都内をあきらめて、埼玉、神奈川、千葉も視野に入れて探すことに。

いまは不動産の価格が上昇しているので、古い物件でも利回りが8%とか9%という物件ばかりです。

 

そうなると、新築アパートのほうが最初の10年の設備の保証があり、日本人は新築が大好きなので入居を決めるのもラクな新築のほうがお得に感じます。

 

5年~10年前は古い物件は利回りが10%~15%くらいある物件もたくさんありました。

その時は、そのくらいの利回りの物件がいっぱいあったので、目が肥えてもっと立地がいいほうがいい、もっと駅の力が強いほうかいい!と思っていたので買いませんでしたが、そのときに15%の利回りだったものが今は9%~10%くらいの利回りでも売れる時代になっているので、買ってそれを今売ったらだいぶ利益が出せたと思います。

 

そのときの相場が将来どうなっているのかは誰にも予測することはできません。

いまは、物件がかなり上がっているので割高なのはたしかですが、始めるタイミングは人それぞれで、ご縁があればいまでも魅力的な物件を買っている人はたくさんいます。

 

まずは、あきらめず行動すること。それしかないと思っています。

 

最初は東京都にしぼって検索していましたが、毎日物件の検索をしているとほとんどのネットに出ている物件は把握できるようになります。

 

新築アパートで利回りが最低でも7%ある物件で検索条件を絞ると、そんなに数も多くありません。

 

できれば、東京都で買いたいと思っていましたが、完璧な物件はこの世に存在しません。

なにかを妥協しながら検討していきました。

 

まずは、新築アパートで利回り7%以上、1部屋が20㎡以上で、バス・トイレは別。キッチンも女性でも使えるくらいの広さがほしい。

 

物件の最低条件は結構厳しく見ているので、都内にしぼると余計に物件がありませんでした。

スポンサードリンク

 

物件の最低条件は変えずに、東京都だけではなく、電車で都内まで30分圏内の千葉・埼玉・神奈川で検索を広げました。


東京都の新築アパートで条件に合うものが出ない日が続いたので、物件のスペックは変えずに、少し場所を妥協して、電車で30分で都内に出れる都心に近い千葉、埼玉、神奈川でも検索するようにしました。

 

地方から出てくる若い人はネットで賃貸物件を探すのが普通です。その場合は、都内の駅から30分以内という検索条件があります。

 

自分が物件を探すとしたら、都心では家賃が高すぎるのでちょっと通勤に時間がかかっても広くて安い家賃がいいなと思って検索すると思います。

わたしだったら、まず電車で30分以内と検索条件に入れて探すだろうな。と思います。

 

なので、東京都以外の地域としても、30分以内の検索条件ではじかれるような物件はやめよう。と思いました。

 

まずネット検索で条件に合う物件として、都内の足立区の駅から徒歩7分で新築アパートを見に行きました。

 

その物件は価格が8000万円で利回りが7,2%の新築アパートですが、1部屋が17㎡の物件です。

20㎡いかない物件がどのくらい狭いのかを体感してみたかったので実際に見学にいきました。

 

駅から7分ですが、結構暗い道を歩くので女性だと7分でも怖いかな。という印象でした。

物件の中を見てみると、まず玄関も小さくて収納がありません。

17㎡になると、ベッドを置いたら隙間がなくなるな・・・

自分だったら無理かな。と思いました。

 

都内で利回りを出そうとすると、狭い場所に無理にワンルームを区切ってつくらないと実現しないんだなということが分かりました。

 

ただ、案内してくれた仲介の担当者がいうには、都心は若い人がほとんど仕事で外出しているし、海外、国内と出張が多いので、自宅は職場の近くならどんなに狭くても別に寝るだけだし構わない。という社会人のニーズがあるそうです。

 

それも、都心ならではのニーズですね。

 

やっぱり、ネットで条件に合う物件が見つかったらなるべく現地を見ることをおすすめします。

 

17㎡のワンルームがどのくらい狭いのか、というのも見てみると実感できました。

ますます、物件の条件として最低20㎡以上あって、なるべくロフトもあったらいいかなと思います。

 

先ほども言いましたが、賃貸を探す若い人は絶対にネットで検索をして、ある程度自分の条件をしぼって物件を決めてから見学をする傾向にあります。

 

なので、検索する人がどんな条件で探すのかを意識して物件を選ぶことが必要です。

ひとり暮らしでも、20㎡以上と検索条件を入れたら、自分の物件が20㎡以下だとすると、もう検索には載ってこないことになります。

見てもらえない物件は当然入居が決まらなくなります。

 

なので、これから不動産投資をする人は、自分が買おうとしている物件が賃貸を探している人の検索条件に当てはまる物件なのか?を意識する必要がありますね。

 

わたしは最低限の物件の条件を合格した物件を買うために、東京以外の物件も見るようになりました。

 

やはり、東京に比べて、千葉、埼玉、神奈川は利回りも上がるし、物件のスペックも良くなります。

 

どこまで自分が妥協できるのかを考えながら、新築アパート取得に向けて、行動し続けました。