ワーキングマザーの生活

ワーキングマザーのタイムスケジュールは朝の早起きで決まる!

ワーキングマザーのタイムスケジュールは本当に大変です。

自分の仕事や予定を把握することはもちろん、子供の予定と学校の準備も低学年のうちは母親が把握して、一緒にやらないといけません。

 

それに加えて夫の予定もあり、家族全員の予定を把握する必要があります。

 

毎日仕事と子育てに追われて時間に追われて、なかなかタイムスケジュールを管理することは難しいですね。

スポンサードリンク

 

早朝のひとり時間でまずは頭の中を整理して、ゆっくりと過ごそう。

仕事から帰って、急いで夕飯の支度をして子供の世話をして、片付けをして洗濯をしてお風呂の準備をして、明日の準備をして、子供を夜更かしさせないで寝かせる。

 

もう夕方の家の中は戦場です。

 

それでなくても、残業しないために昼間はみっちり仕事をしているので、もう体はクタクタ・・・

 

どうやって日々のタイムスケジュールを管理しているのですか?とよく聞かれます。

わたしは、早朝4時に起きるようにしています。

朝誰もいないリビングで、ゆっくりと自分のためにお茶をいれて、朝の澄んだ空気を感じて、ただゆっくり過ごします。

 

副業が忙しい時期は、このひとり時間がとても重要です。

 

今日一日の予定を考えたり、今月の家族の管理も、すべて早朝に手帳を見返して確認します。

 

早朝が唯一、静かな時間です。

窓を開けていても、たまに新聞配達のバイクの音が聞こえるくらいで、とにかくシーンっと静かな環境の中に自分を置くことができます。

 

やっぱり、誰もいない空間でひとりで過ごす時間がたとえ15分であっても、あるのとないのとでは全然ちがいます。

 

少し立ち止まって自分との対話をすることもできる時間です。

スポンサードリンク

ワーキングマザーのタイムスケジュールを満足させるためには、優先順位を決めることから始まります。

つい毎日いろんなことがあって、タイムスケジュールがきつくて、やろうと思っていたことを忘れてしまったり、予定がダブってしまったり。

 

ワーキングマザーはひとりでたくさんの役割があります。

時間ややることに追われないためには、まずは優先順位を決めることです。

 

なにを優先するべきなのか、なにを切り捨てるのか。

そこの意思をはっきりさせることが迷わないタイムスケジュールを立てるコツです。

 

わたしは、毎朝5分だけ掃除をするようにしています。

せっかく自分のために早起きしているのに、部屋が汚れていることや掃除が行き届いてないことが気になってしまうので、時間を5分と決めて、

 

今日は洗面台、今日はリビングのテレビ台の上、シンクを磨く、トイレを掃除する。

たったの5分ですが、集中すれば一箇所の掃除は5分あればできます。

 

というか、5分たったら、途中でもやめます。

そして、この掃除は1回5分では終わらないから、この部分を5分で掃除して、数回に分けよう。ということを細分化します。

 

たったの5分だったら集中して掃除しても飽きないしスッキリします。

 

わたしにとっては、掃除が行き届いてない自分がイヤなので、毎日少しずつ掃除を継続することで自分の満足感を満たすことにしています。

 

料理をもっと家族のために、手の込んだものをつくりたい!というのが優先順位が高いのであれば、週に何回か、早朝時間をかけて料理をする時間をつくるとか。

 

どうしても読書をする時間をつくりたい!のが自分の望みだったら、誰にも邪魔されない早朝はおすすめです。

 

まず、朝早く起きるためには、自分を満たす時間をつくると、結構ワクワクして朝スッキリ起きることができます。

 

わたしは早朝の勉強で、簿記1級や宅建やFPの資格をとりました。

早朝ひとり時間をつくって、生活の優先順位を改めて決めること。

 

そして、自分にとって優先順位が高いものからタイムスケジュールに入れていくこと。

そんなにやらなくてもいいことは、スパッと切り捨てることも大切です。

 

ワーキングマザーのタイムスケジュールは早朝にあり!です。

ぜひ、みなさんも朝じかんを楽しんでみてください。