ワーキングマザーの生活

ワーキングマザーはママ友とのつきあいには距離感が大切です!

ワーキングマザーにママ友は必要か?どんなつきあいをすればいいの?と悩む女性は多いと思います。

仕事をしながら子育てをしていると、正直、日々時間に余裕がありません。

子供が保育園に通っているときには、お互いに忙しいので、ママ友に会ってもすれ違うときに挨拶をする程度です。

小学校に入ると、幼稚園だった専業主婦のママも一緒になります。

子供の育った環境も違うし、ママ同士の生活スタイルも全然ちがいます。

どうやって、ママ友とつきあっていけばいいのでしょうか?

スポンサードリンク

 

無理をしなくても大丈夫。あせらずに何かあったら担任の先生に聞きましょう。

 

うちの子供の保育園からは何人か同じ小学校に入学したけれど、クラスには1人もママ友がいませんでした。

 

子供も不安そうでしたが、わたしも正直、またこれから、一からママ友との関係性をつくらないといけないのか・・・と憂鬱になりました。

 

兄弟がいるママは小学校のルールを知っているし、すでに知り合い同士のママもいます。

でも、別に無理をして友達をつくる必要はありません。

なにかあれば担任の先生がいます。

連絡帳に書いてもいいいし、なにか不安なことがあったら学校に電話をしてもいいと思います。

 

わたしは絶対にママ友がいないといけないとは思っていません。

どうしても気が合わない人も一定の数はいます。

子育ての方針が全然違うかもしれません。

 

 

まず、誰よりも信頼するべきなのは家族であって、夫婦で話し合って同じ方向を向いていれば小学校もなんとか乗り越えていけます。

 

でも、子供は時間がたてば、クラスや学童で仲の良い友達をつくります。

小学校や学童でも懇親会などの親の集まりがあります。

そのときに、隣に座った人に少し話しかけたり、偶然近くになった人もすでにご縁で結ばれています。

 

にこやかに話しかけてみましょう。

 

子供からお友達の名前を聞いていて、その子のママが分かったら、こちらから、

うちの子が仲良くしてもらってるみたいでありがとうございます。と話しかけてもいいかもしれません。

うちは、たまたま小規模保育園で0歳の時に一緒だったママ友がいたことと、同じマンションに住んでいる方が一緒のクラスだったので、話しかけてみました。

 

すでにできているコミュニティーにひとりで入っていくのは大人でも難しいですよね。

小学校のはじまったばかりのタイミングで誰か気の合いそうな人と繋がれるといいですね。

スポンサードリンク

 

つかず離れずが心地いい。適度な距離感も大切です。べったりな関係はトラブルになる可能性もあり。

小学校になると、学童にいかない子はお友達のおうちに呼ばれて一緒に遊んだり、兄弟がいる子は上の子が世話してくれたりします。

 

我が家や一人っ子なので、小学校のルールも分からないし、戸惑うこともあります。

ただ、LINEでのトラブルもあると聞いたことがあります。

 

信じられないけれど、LINEでの仲間はずれなども、ママ友同士のトラブルもあるそうです。

 

いろんな人がいて、いろんな価値観があります。

それも正解だし、夫婦が同じ意見で子育てすれば、それが正解だと思っています。

 

うちは、なるべく自分の意思でなんでも決められるように、子供の意見を尊重しますし、親の価値観だけが正しいと思わないようにしています。

 

でも、子供が小さいうちは完全に子供をコントロールしようとする親もいます。

それも、子供が危険な目にあわないように、傷つかないように。という親の愛情なので、なにも言いません。

 

それぞれの価値観の違いがトラブルに発展する可能性があります。

とくにメールなどのやりとりでは、本当に伝えたいことが相手に伝わらないこともあります。

 

なので、わたしは本当に信頼できる人以外の連絡先を交換しないようにしています。

 

でも、子供同士が仲がよくて、なんとなく気が合いそうだと思った人とは連絡先を交換することもあります。

 

1人でもそういう人がいると、なにかあったときに相談できるので安心です。

 

そして、自然にワーキングマザーはワーキングマザーと付き合うほうが気がラクなこともあります。

 

最近は子供を学童に預けて仕事を続ける女性も多くなってきたので同じような環境にいると、日々の忙しさやつらさが分かるので。

 

ママ友とのつきあい方に悩むワーキングマザーの方もいると思います。

 

無理に気の合わない人に合わせる必要はないと思います。

その上で、自分も楽しく過ごせるような相手は必ずいます。

自然体で時間をかけて、子供も自分も環境に慣れていくようにしましょう。

 

一番大切なのは、子供が笑顔で毎日学校にいくこと。

ママはそれを少し離れたところで見守ることが仕事ですから、そんなに悩まなくても大丈夫です。

 

ママ友はつかず離れず、距離感をもって自然体で仲良くできる人がいれば繋がればいいし

、誰もいなくても担任の先生がいるので無理に付き合わなくてもOK。

 

肩の力を抜いて楽しんでいきましょう。