フリーランスの経理について

個人事業主の確定申告はもう税理士はいらない!自分でやってみよう!

経理の知識がないと確定申告なんて無理?そう思っている人も多いですよね。

確定申告の時期になると、税務署は相談に来る人であふれています。

 

自分の好きなことで起業したのに、数字なんて苦手・・・

そんな方の経理代行をやっていますが、わたしもお客様はすでにある程度売上が上がっている人、もしくは今右肩上がりで伸びていて、自分の仕事に集中したいから苦手な経理は人にまかせて解放されたい!という方です。

 

では、起業初期の人はどうするか?

 

まだ取引の数もそんなに多くないうちは、全然自分で経理することができます。

 

なにをどうすればいいのか、わからないことが不安なだけで、ちょっとコツをつかめば誰でも簡単に確定申告をつくることができます。

 

経理を簡単にするために、まずは仕事専用の口座をつくろう!

 

個人で仕事をしていると、銀行の口座もプライベートと一緒のものを使っている人が多いと思います。

 

そうなると、しばらく経って、どれが経費なのか、何に使ったのか、いちいち確認しなければいけなくなります。

 

その手間が面倒になる原因にもなります。

おすすめは、起業しようと思ったら、まず最初に仕事用の口座を作ることです。

その口座に仕事の入出金しかなかったら、あとで確認する必要がなく、それが帳簿のかわりにもなります。

 

いくつも口座をもっていると、年度末の作業が増えてしまうので、ぜひ口座は1つか、2つにまとめましょう。

 

仕事用の口座が店舗のある銀行がいい!というこだわりがなかったら、ネット銀行のほうが手数料が安いし、振込みしなきゃ!と思い出したときに、わざわざ外出しなくてもパソコンから振込みすることができるのでラクですね。

 

あとは、一番取引が多い相手の銀行にあわせると手数料が安くなると思います。

ぜひ、仕事用の口座をもっておきましょう。

 

個人の確定申告 どこまでが経費になるの?

 

わたしは個人事業主の方の個人コンサルもやっています。

年明けから、経理をまる投げしているお客様もいますが、まだ起業初期で自分で確定申告をしたい。という方と一緒に仕分けをしたり、会計ソフトの使い方をそばで教えたりしています。

 

その中で一番質問が多いのが、どこまでが経費になりますか?

 

という質問です。

個人事業主はどこまでが経費と線を引くのが難しいものもありますね。

その考え方として、売上げを上げるためにかけたお金なのか?という判断です。

 

レストランでご飯を食べたとしても、その友達が起業している友達で、仕事も話をしたのであればそれは経費にできます。

 

また、ペンやノートも、仕事で使うために買ったものであれば経費にすることができます。

電車やバスも、仕事や仕事のための勉強のためのお金だったら経費になります。

 

こういう理由でお金を使った。と説明できれば経費にすることができます。

そう考えるといろんなものが経費にすることができますね。

 

また、個人事業主は事務所を借りず、自宅のリビングや自分の部屋で仕事をすることが多いと思います。

 

その場合は、使っている部屋の面積によって、30~50%くらいの割合で、賃貸の家賃、水道光熱費、通信費なども経費にすることができます。

 

経理で大事なことは、いったん決めた基準はずっと続けて使うこと。

とくに、家賃や水道光熱費は一度決めた割合はずっと続けて使い続けましょう。

 

分譲マンションや持ち家の場合のローンを払っている場合は、家賃は経費にすることができませんが、マンションの管理費については、同じように割合に応じて経費にすることができます。

 

個人事業主でも、いろんな経費を計上することができます。

節税の基本は、まずは経費をもれなく計上することから始まります。

 

また、どれを経費にして、どれを経費にしてはいけない!という明確なことはあまり決まっていません。

 

税理士によっても、その判断はまったく変わります。

税務署の担当レベルによっても、質問の答えがちがう場合もあります。

 

なので、経費については、これは売上げを上げるために必要なものだ。という説明がつくもの。を経費にする。という意識でいれば大丈夫です。

 

まずは、どんどん日々の領収書やレシートを分類してみましょう。