不動産投資

女性の味方、最初の1歩の融資は日本政策金融公庫を選ぶ理由

わたしが最初に不動産投資を始めたときは、実は夫に内緒で買おうと思ってました。

 

実際に成功している女性の先輩大家さんも独身で銀行から融資を受けている人もいっぱいいました。

 

まず、最初に自分の住む場所の近くで木造アパートを3000万~5000万くらいの物件を買おうと思って、いろんな不動産会社にアポをとって訪問しました。

 

でも、女性が1人で、しかもはじめての不動産投資をしたい!といくら言っても、なかなか相手にしてくれる不動産会社がありません。

 

悔しくて、女性1人で不動産投資って難しいのかな・・・

と何度もあきらめようと思いました。

 

 

そんなときでも、いろんなセミナーや大家さんが主催する勉強会などに積極的に参加して、まずはだまされない知識をつけようと思って行動しました。

 

その中で、女性が不動産投資する場合には、

「日本政策金融公庫」が女性に優しい!という意見を多くもらいました。

 

日本政策金融公庫は、国が運営している銀行なので弱者に優しいといわれています。

なので、主婦でも融資を受けている人もいます。

あとは、申し込みをするときに、きちんと申込書や面談で説明をすることができれば、比較的融資を受けるのは難しくないと思います。

実際にわたしも日本政策金融公庫で融資を受けることができました。
公庫で融資を受ける場合の手続きの方法はまた改めて説明したいと思います。

スポンサードリンク

 

それと同時に、最初のハードルを下げて最初は安い戸建てからはじめよう!と決心しました。

 

はじめて不動産投資する方は、結構不動産会社が相手にしてくれないことがあると思います。

それは、不動産会社も物件をはやく売りたいので、知識と経験があってお金のある人に買ってもらうほうが時間もかからずやりやすい。というのは想像できますよね。

 

そこは、だれもが最初は初心者なので、心折れずにがんばってもらいたいと思います。

 

何度か不動産屋さんに相手にされないことは、よくあることで、みんな経験していることです。

なので、ご縁のある不動産会社と出会うまで、どんどん行動していってくださいね。

 

あと、借金をして投資することが怖い!という人もとっても多いですね。

 

とくに、女性は借金が怖い!という人も多いです。

でも、ただかたちのないものに投資するわけじゃないので、きちんとした知識を身につければ、そんなにリカバリーできない失敗をすることはないかな。と思っています。

 

少なくても、自分を含めてまわりには、不動産投資を拡大しながら、どんどん幸せになっている女性大家さんがたくさんいます。

 

最初に怖い!と思ったら、ぜひ実際に今不動産投資をしている大家さんに会って、話を聞いてみると意外と大丈夫なんだ~。ということがわかると思います。

 

 

これからの時代は、働いてお金を貯めるだけでは将来の豊かさを手に入れることは難しい時代になります。

 

これから一緒にお金の知識を増やしていきましょうね。